不動産業に就職したらいろいろな職種があり、高給を得る可能性もある。

不動産業に就職しよう > 不動産業に就職って?

不動産業に就職って?

ひと口に不動産業と言っても、さまざまな仕事があります。また不動産業の中には、いろいろなジャンルがあるものです。ここではそれを詳しく説明していきましょう。まず、不動産会社の仕事には、賃貸を仲介する仕事、分譲住宅の営業、不動産賃貸物件を管理する仕事、不動産のコンサルティングをする仕事や不動産鑑定士という仕事もあります。また中には自分の店を持たずに不動産売買をする不動産ブローカーという仕事もありますが、就職ではないのでここでは説明は省いておきます。いずれの仕事に就くにしても、資格が必要です。

不動産業に就職するということは、人様が住む家なり部屋を紹介するという大切な役目があります。いい加減な物件を紹介すれば、その人に迷惑がかかってしまいます。「売れればいい」という考えではいけないということです。それだけの責任感や使命感が必要になるでしょう。

また不動産の仲介は、仲介手数料を得る仕事です。扱う物が「家」という高額なものだけに手数料も高額になります。もちろんそのすべてが自分に入るわけではありませんが、不動産業では歩合制を取っているところもあり高給を得ている人がたくさんいます。

不動産業に就職って?

なぜ不動産業に就職?

なぜ不動産業に就職したいのか、その理由を明確にしておこう。

不動産業でもこんなに違う!会社比較

不動産業でも会社によって待遇や仕事内容が異なります。

将来なりたい像をつかんで臨め!

将来なりたいイメージをつかむと、就職先を決めるのに役立ちます。

不動産業に就職しよう

サイトマップ

Copyright(C) 2011 - 不動産業に就職しよう - All Rights Reserved.